新着情報

< 記事一覧へ戻る
就職 2021/02/01

1月の内定報告

こんにちは。

就職内定ナビゲーターの髙木です。

早いもので2021年も1ヶ月が終わりました。

 

現在、僕がサポートしている複数の求職者の中で、

昨年末から1月に採用試験を受けた方のうち、

5名の方から内定報告がありました。

 

今回の5名の方は業種も様々で、

製造業、建設業、介護業、飲食業、小売業と

全員が異業種に分かれました。

業界が違えば、当然企業研究の仕方や

職種に対する考え方も変わってきますが、

就職に対しての本質を理解していて、

本人の能力が伴っていれば内定獲得は難しくありません。

 

 

職種や業界によっては専門的な知識や資格を求められることもあるので、

そこに向けての努力や勉強は必須ですが、

その仕事に必要な能力を有しているのであれば

自分の望む職種に就くことや、企業に就職することは可能なのです。

 

間違った就職活動や転職活動する方の特徴として、

給与・勤務地・企業規模・知名度・福利厚生・安定性

などの条件を優先して企業を選んでいます。

勿論、生活する上で収入や勤務地など条件は大切な要素ですし、

やり甲斐のある仕事をすることも重要なことです。

特に、家庭のある方は条件を最優先して就職活動する方が

多く見受けられます。

採用する側から見れば、条件を優先して応募してくる方に魅力は感じません。

そのため、履歴書に記載する志望動機や面接で聞かれる志望動機が

薄っぺらい内容となり、採用担当者に響かないのです。

 

僕が求職者に行う就職サポートは、

先ず自己分析を徹底的に行い、自分を理解することから始めます。

その次に、自分に合った企業や職種を探していき、

自分に合った応募先が見つかったら積極的に応募して頂きます。

闇雲に応募して数をこなすことも必要かもしれませんが、

自己分析と企業分析を徹底的に行なった上で

就職試験に臨むと、内定確率が格段に上がります。

ネクスト・キャリア・サポートでは、

この1年で売り手市場から買い手市場へ一変したこの時代に

勝ち抜く(生き抜く)力を付ける就職支援を行なっています。

TOPへ戻る